--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.18

ちいさいおうち

私が生まれるよりもずっと前(1943年!)に出版された絵本(日本で発売されたのは1954年)

「ちいさいおうち」


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
(1954/04/15)
バージニア・リー・バートン

商品詳細を見る


久しぶりに本棚から出してみました。



カバーはとっくの昔になくなっていて、結構ボロボロ…


ちいさいおうちの周りの

一日の変化、季節の移り変わり、時代の流れ、人々の気持ちの変化が丁寧に描かれていて、

おはなしの世界に引き込まれていった子どものころを思い出すなあ。

今、改めて読んでみてもしみじみと心に沁みてきます。

この絵本も今の自分をつくってくれた大事な一部分なのかもしれません。


絵本の終盤に出てくるセリフ

「ここがいいわ。」ちいさいおうちを たてたひとの まごの

まごの まごのひとがいいました。

「ああ、ここがいい。」ちいさいおうちも そう おもいました。



ちいさいおうちがにっこりしています。

よかったよかった(*^_^*)

絵本を閉じて、考えてみる。

コラボックルのちいさいおうち
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 足柄下郡箱根町情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://collabockle.blog88.fc2.com/tb.php/693-99a7a369
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
うちにもあります。
何カ月か前まで毎日読んでましたよ・・・
よいお話だと思います。
Posted by act at 2012.04.20 20:29 | 編集
そうやって読み継がれていくんですね~
一家に一冊^^
Posted by たかみ at 2012.04.21 19:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。