--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.06

自分の土俵

ゴールデンウィーク中はほとんど箱根から出ずに

自宅から半径300メートルほどの範囲でまったり過ごすことが恒例でしたが、

今年はアクティブに動いております。

今日は気合いを入れて電車に乗ってお出かけしてきました。

片道2時間ほどの車内で気持ちが上を向いてきたのはこの本を読んでいたから。

沢田マンション物語沢田マンション物語
(2002/08)
古庄 弘枝

商品詳細を見る


高知が舞台とあって、おなじみの場所がそこかしこに現れて、

登場する人物も土佐の人そのものといえる豪快さ。

本の存在は知っていたものの、マンションというテーマに手が伸びなかったけれど、

もっと早く読んでいればよかった・・・・

マンションを建設する土地を見つけたご主人のセリフ。

「これが自分たちの一生の土俵場じゃ。」

まさにいごっそう!!

久々に高知の風を感じてかなり元気になったのでした。

ちなみにこの本の著者も土佐の方

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


こちらははちきん!

自分の土俵を決めよう

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 足柄下郡箱根町情報へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://collabockle.blog88.fc2.com/tb.php/963-0497c4ad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。